PAGE TOP

アンチエイジングをやってみる!

TOPPAGE > 毎日シゴトシゴトで過ぎていき、気が付いてみるとア

毎日シゴトシゴトで過ぎていき、気が付いてみるとア

毎日シゴトシゴトで過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。



そんなある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てひっくり返り沿うになったのです。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのかそのまま表しているように思えました。

こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どれ程疲れていようが、家に帰ったらメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、自分の肌を保護しよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出沿うと思いました。しわ取りテープというのをご存知ですか。


利用者はまだ少ないようですが、顔の皺をなくす効果があり、美容系タレントさんがテレビで必携グッズとして披露したため、話題になりました。

顔の皮膚をリフトアップするだけで、ものすごく若くハツラツとして見えるんです。
でも、だからといって使いすぎると皮膚に過剰な負荷を強いるため、使用した部位によっては腫れや湿疹、赤みを生じる可能性もあります。カラコンなどと同様、しわ取りテープもトラブルが生じない程度に、依存しすぎないことが大切かも知れません。
ネームバリューによる安心感がファンケル無添加スキンケアの一番の強みと言っていいでしょう。



当然ですが、その商品のラインナップも乾燥、しわ、たるみ、美白などの、いろいろな商品があります。


今の肌の状態や願望に沿ったスキンケアアイテムをチョイスできるのも人気を集めるわけです。
敏感なお肌へのケアを行なう場合には、お肌が乾燥しないように、しっかりと水分を保つ事が必要です。
保湿、保湿するためにはいくつかの方法があります。化粧水やクリーム等がたくさん揃っていますし、メイク用品にも保湿の効果が高いものがあります。保湿能力の大きいセラミドが使われているスキンケア商品を使うのもいいものと思われます。



基礎化粧品を使う順序は人それぞれだと考えます。私は日常的に、化粧水、美容液、乳液のやり方でつかいますが、最初に美容液を使用するという人物もいます。どのやり方が一番私のお肌に合っているお手入れ方法なのかは現実に試してみないと判明しないのではないでしょうか。出産後と、それにつづくしばらくの期間の女性の身体は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大聴く変化してしまい、いろいろなトラブルが起こります。



肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルも自覚しやすく目立ちますから、悩まされている女性は多くいます。妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産を終えると急激に減ってしまって、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもあるためすので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。お肌の乾燥対策には、ほどよい洗浄力で低刺激性のクレンジング剤をなるべく選びます。

落ちにくいところはそこだけ専用のリムーバーを使い、肌が荒れないようにしてください。
後、洗顔の際もゴシゴシと洗ってはいけません。



ホイップの様な泡を立てて丁寧に洗い、ぬるま湯で十分に流すようにしましょう。



お顔にシミが目立ってくると、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。



歳を取るにつれて、傷の治りも遅くなり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、十分な日焼け対策が必要となります。
キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、ビタミンCの多い野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)や果物を、今までよりももっと摂っていきましょう。以前、美白に重点を置いたスキンケア製品を役立てていましたが、肌にマッチしなくなり、保湿とアンチエイジングに、力点を置いた製品へチェンジしました。化粧水が何種類あるのに当初は戸惑いましたが、真冬でないのであれば顔を洗った後のスキンケア方法はこれだけで十分です。

冬場には夜の手当時にクリームを塗布するだけという簡単なものになりました。とにかくキメ細かい美しい肌を維持するには保湿することがすごく大切になります。特に乾燥しやすい肌の方は毎日使う化粧水などは保湿を重視したタイプを選んでたっぷりと水分を与えてあげましょう。洗顔で汚れをきちんと落としたらすぐに肌にたっぷり化粧水をつけ、それから乳液やクリームをつけて肌の水分を保ちましょう。

Copyright (C) 2014 アンチエイジングをやってみる! All Rights Reserved.